TOP > 各種申込手続|NLPトレーナートレーニング

 

一次審査申請フォーム

セミナー情報

NLPトレーナートレーニング

参加募集要項

日 程

【米国日時】 2017年7月18日(火)~23日(日)
【日本日時】 2016年7月16日(日)出国~7月24日(月)現地出発、25日に日本着

※7月17日(月)にオーランドで行う日本人参加者向けオリエンテーション及び参加登録には必ずご参加ください。

講 師

リチャード・バンドラー博士(NLP共同創始者)
ジョン・ラバーユ会長

場 所

米国フロリダ州オーランド
フォーポインツ・シェラトンホテル
Four Points Sheraton Studio City

参加資格
  • リチャード・バンドラーのサイン入りのプラクティショナー及び、マスタープラクティショナーの修了書を所持される方
    (受講された方で修了書が現在手元にない方、紛失された方は別途ご相談ください)
  • 現在、マスタープラクティショナーを受講中で、2017年のトレーナーコース開始日までに全日程を終了予定の方。その他、他団体での修了生の皆様で参加希望の方は個別にご相談承ります。
    (これに関しては諸事情、考慮させて頂きますので、ご相談下さい)

再受講も同時受付致します!
2017年のトレーナーコースでは再受講が可能になりました。
すでにトレーナー資格をお持ちの方々の再受講も同時に受け付けます。
再受講の場合は一次審査と二次審査を受けて頂く必要はありません。
ただし初参加の方々を優先しますので、応募者多数の場合はご辞退いただくこともあります。
4月30日には確定いたします。

料 金

880,000円(消費税別)<分割決済が可能です。>
※¥120/US$を基準にしておりますが、昨今の円安ドル高傾向がさらに進み、万が一、 10%以上の為替変動が発生した場合は、市場実勢相場(TTS)に基づいて、コース費用(日本円)の増額をお願いすることもございます。何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

<再受講料が特別割引になりました!>
この度は米国NLP協会の配慮で、トレーナーの皆様の再受講料が“30万円割引”でご参加頂けることになりました。
再受講料:580,000円(消費税別)<分割決済が可能です。>

再受講の場合は一次審査と二次審査を受けて頂く必要はありません。ただし初参加の方々を優先しますので、応募者多数の場合はご辞退いただくこともあります。4月30日には確定いたします。

なお、現在、精神疾患で通院中及び薬を服用中の方はトレーナーコースにはご参加頂けませんのでご了承ください。

費用に含まれるもの

  • トレーナートレーニング参加費、手配料、前日のオリエンテーション、ベテラン・トレーナーによるスーパーバイズ
  • 同時通訳代金(通訳・ヘッドホン・通訳ブース設営費用など)
  • NLPアライアンスジャパン・スタッフによる現地サポート
  • 及びゲスト講師による特別セミナー及びフォローアップ

費用に含まれないもの

  • 渡航費
  • 宿泊費
  • 食事代
  • 保険
  • その他個人的な諸費用

資格について

リチャード・バンドラー認定の資格が得られます。

プロビジョナル認定証

トレーナーコース参加後、その場で認定。プロビジョナルの資格で、トレーナーとしてコースを開催できます。

トレーナー認定証

プロビジョナル取得後、要件を満たしたトレーナーのみ取得可能です。(トレーナーへの昇格試験はこちら

一次審査 【書類選考】

【一次審査基準】【レポート提出】

  • すでに自立している方で、人の幸せに貢献する意欲のある方
  • 多くの人に影響力のある立場の方、またはそうなりたいと望まれる方
  • トレーナーとしてNLPの普及・発展に貢献する意欲のある方

※現在、精神疾患等で通院中または薬を服用中の方はトレーナーコースにはご参加頂けませんので、ご了承ください。

一次審査料金/4,800円(税込み)締切日:2017年4月7日(金)

二次審査 【筆記試験&プレゼンテーション】

筆記試験 ・・・・・ スキルの基本を問うもの

プレゼンテーション ・・・・・ 自己紹介&スキル

【二次審査基準】

  • 基本的な知識が身についているか。
  • ステートチェンジが自在に出来、いろんなステートを使いこなせているか。
  • オーディエンスとラポールが築け、コミュニケーションがとれているか。
  • いろんな人たちと積極的にかかわりが持てるか。

試験日/2017年4月15日(土)

会 場/大阪YMCA会館(肥後橋駅徒歩10分)

二次審査料金/16,200円(税込み) 一次審査を合格した方のみお支払いください。

※二次審査は、他の参加者のプレゼンを学んだり、ご自身のスキルの確認など、新たな知識や気づき深められるような場作りをしています。

トレーナーコース参加までの流れ

一次審査申請フォーム

ページTopへ