TOP > 各種申込手続|NLP認定書更新申請

各種申込手続

NLP認定証更新申請

リチャード・バンドラー 米国NLP協会認定証は、2年毎の更新が必要です。認定証右下に記載の期限6ヶ月前より更新申請を受け付けております。

対 象

【リチャード・バンドラー 米国NLP協会認定】

  • NLPトレーナー
  • NLPプロビジョナルトレーナー
  • NLPマスタープラクティショナー
  • NLPプラクティショナー
  • NLPコーチ
  • NLPコーチング・トレーナー

申請料

お一人につき 5,400円(税込)

更新について

米国NLP協会認定NLP資格認定コースの、リチャード・バンドラーサイン入り認定証の更新の受付を致します。

  • NLP認定書の更新は2年に1回です。更新日が切れる前に申請することで、資格の継続が可能です。
  • 認定書に記載の期限日のご確認をお願いします。
  • 更新期限終了6ヶ月前より、更新申請を受け付けております。
  • 米国NLP協会の資格をプロフィールや名刺などに記載する場合は、資格が有効期限内であることが必要です。有効期限切れの場合は更新申請が必要となりますので、ご注意ください。
  • 更新の申請をされ、更新費用のお振込が確認できた後、1週間程度で、お手元に更新申請のための書類を送信致します。
  • 更新をする『認定証のコピーを添えて』、必要事項を記入の上、ご返送下さい。必ず、シリアル番号が見えるようにコピーをお願いします。

※認定証更新後は、タイトルは「The Society Of NLP 」サインは「リチャード・バンドラー」「ジョン・ラバーユ」のふたりとなります。

申請フォーム

よくある質問

資格の更新は必要ですか?
あなたの名刺やホームページ等にNLPの資格を表記する場合は、更新が必要です。長期間、更新しないと、更新できなくなる場合があります。ご注意下さい。

今、マスタープラクティショナーなのですが、プラクティショナー資格も更新する必要がありますか?
最上位(この場合、マスタープラクティショナー)のNLP資格更新のみで、OKです。プロビジョナルやトレーナーに関しても同様に、最上位のみでOKです。

資格の更新期限が、既に切れてしまっています。どうしたらよいでしょうか?
更新期限が切れてしまっている場合、NLPの各種資格を名刺やホームページなどに表記できません。表記を希望される場合は、すぐに更新の申請をして下さい。申請の際は、その旨をお知らせください。

認定証を紛失してしまいました。どうしたらよいでしょうか?
認定証は大切に保管をして下さい。どうしても見つからない場合は、お問い合わせフォームより、その旨ご連絡を下さい。

ページTopへ